炭焼き講座を開催を開催しました!

くらしと炭焼きの会の岡﨑さんの指導のもと、炭焼き体験を行いました。
一日目の1月19日は原木の切だしから。
炭焼きにちょうどの樫林あり、今回は風で倒れていた一株を伐採しました。近くをみると炭窯の跡がいくつかあり、ちょうどいい感じの樫林の訳がわかりました。
窯の前まで運んできて、ノコギリできったり、薪割り機で割ったりして窯に詰め火をつけました。
そして先日2月9日に炭出し。
窯を新しくして初めての炭焼きだったので期待をしていたのですが、予想より少なくちょっと残念でした><
いろいろな要因が考えられるので、これから対策を考えてトライして行こうと思います。
参加者の皆さんは森の中で木を切ったり、薪割などの経験もなく、ましてや炭を作ることも初めての体験でとても新鮮だったようです。
長い年月をかけて成長した木を切らせてもらい、自分たちで苦労して出してきた木で炭を作る体験は、簡単にエネルギーを浪費できる今の時代とても貴重なのではないかと思います。
みなさん嬉しそうに炭も持って帰ってくれました!
ぜひくらしの中で使って、炭のよさを実感してもらいたいです^^


49841051_515758852247404_6076694690168569856_n
50275201_291776844866200_5572602710873604096_n
50313545_374899939962860_8970911879215972352_n

50500517_2040234746060458_4088518311254425600_n
50728535_1837511996361049_865271305522380800_n
50883611_342857732974574_6148059815219298304_n
50984046_553530931830034_4417295996178923520_n

RIMG1741
RIMG1745
RIMG1748
RIMG1752
RIMG1755


sitake

2018年1月に森林整備の一環で「きのこの駒打ち体験」のイベントを行い、みんなで協力してたくさんのシイタケとキクラゲのホダ木をつくりました。

あれから1年・・・

前月(2019年1月)に駒打ちしたホダ木と一緒に昨年のものもホダ木の整理をしていると、なんと!もうシイタケが生えてきていました!!


sitake2

こちらは、キクラゲです。今年のは、まだまだ生えてこないですが、
昨年の駒打ちしたものからは、梅雨時期に1度生えてきて、またまたたくさん生えてきていました!
kikurage

きのこは、雨の日の翌日にはえてくることが多いそうです。
これから雨が降った翌日はチェックしてみようと思います。

イベントに参加されていた皆さんのホダ木はいかがでしょうか?
交流館へも観察結果を教えてくれたらうれしいです。

森林総合センター内の里山に遊歩道ができました!

平成27年から情報交流館では里山林の森林整備事業を行っています。
今回その事業の一環で12月に林内に遊歩道を設置しました。

遊歩道作りには、高知県緑サポーター会のみなさんにご協力をいただきました。
リーダーの古谷さんが事前に計画書を作って下さり、作業内容をみんなで共有して、道づくりスタートです。
9
丁寧な計画書をいただいたので、この計画書の通りに進めていくかと思いきや「計画はもちろんきちんと計算して作ったが、実際の現場に似合わない道をつけても意味がないから」と活動メンバーと作業中何度も相談し合いながら段数を増減するなど各場所で臨機応変に作業をしてくださっていたことが印象的でした。
「道はようけつくったきね~」という言葉通り、作業に取り掛かるとあっという間に坂道が階段に・・・
10
2
2-2
2-1
3
4
5
7
11
12
けもの道?と疑うような道らしき道がなかった林内にとっても歩きやすい遊歩道ができました!
今回の道づくりを行った場所は、交流館の活動でよく子どもたちと一緒に歩くところです。
この道を大切に使っていくと同時に活動するときには、遊歩道を作ってくれた人がいること、森を元気にして私たちの暮らしを支えてくれる人々がいることをよくよく子どもたちに伝えていかなければと改めて思いました。
緑サポーター会のみなさん、本当にありがとうございました!
1

1月~3月にかけて月1回で開催する木工クラフト講座Ⅱがスタートしました。

木工クラフト講座Ⅱは、春に行ったⅠの講座のステップアップ講座で、今回は図面の書き方から電動工具を使ってモノづくりを行っていく講座内容になっています。
木工クラフト講座Ⅱチラシ2
はじめに、講師紹介も兼ねて森林について学習を深めていきます。
お話の中で、森林の現状について知り、そして木を使ったモノづくりの意義や楽しみ方・工夫などについても教えてもらいました。
1

さっそく図面を書いていきます。
次回から製作する木のベンチの設計図を描いていきます。
2
3
今回は、このようなものを作るという見本が用意されていましたが、
先生からは、「見本と全く同じにしてはダメ!」という課題が出ており、
参加者は作成するベンチの見本と実際に使用する木材を交互に計測しながら
自宅に置きたい形、デザインを黙々と図面におこしていました。
4

次回は、いよいよ工具を使って製作活動に入ります。
どんな作品ができあがるのか楽しみです!

☆今日の情報交流館☆

久しぶりの雨という事もあり、今日の情報交流館は一日中子どもたちの笑い声、木のおもちゃやピアノの音で賑やかでした^^

情報交流館では木片や木の実などを使っていつでも木の工作ができる「いつでも木工」をやっています。
笑顔のかわいい小学生ふたりがステキな作品を作っていたので思わず写真を撮らせてもらいました^^
子どもの視点や発想にはいつも感動します!

また、たくさんの人が来られたのに、閉館時の館内がとてもきれいで、おもちゃなども元あった場所にちゃんと戻してくれていました^^とても嬉しかったです。

ご来館頂きました皆様、ありがとうございました!
RIMG8274

RIMG8272

RIMG8269


新年あけましておめでとうございます!
本年も何卒よろしくお願いいたします。

今日から通常通り開館しております。
館内には気持ちの良いピアノの音と子どもたちの声がさっそく響いています。
今年も皆さまに気持ち良く、楽しく足を運んでいただける施設の運営に努めてまいります。
職員にもお気軽にご意見をいただけますと幸いです!

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。



 

 

ページ上部へ