情報交流館では今年度も森林環境税を活用した「山の一日先生事業」を実施して森林環境教育の推進を行います。
昨今、子どもたちが木や土に触れ、森や自然の中で身体を使い活動する機会が少なくなっていると言われておりますが、当館では人数や活動時間、学校やクラスごとの取り組み等に合せた森林環境学習プログラムをご提供するよう努めています。この事業では講師派遣の費用が森林環境税の補助となりますので、是非ともご利用ください。(実施期間 7月中旬~1月末まで)

また昨年度からフィールドである森林総合センターの里山林を整備し、今まで以上に自然体験や森林学習などに取り組める環境作りを進め、県民の皆様の学びの場、憩いの場として広くご利用頂ける施設を目指しています。次代を担う子どもたちに自然を大切にする心や、木のぬくもり、木と人との関わり、山(森林)を守り育てることの重要性等について体験的に学習できるよう、森林学習や木工教室、自然観察等の場としてぜひご利用ください。

依頼者の要望や目的、ねらい、実施の時期や実施時間など打合せを重ねて、個別にプログラムを作成し、講師と調整を図りながら実施いたします。

平成30年度から山の一日先生派遣事業の申し込み方法が変わりました。
この事業でのお申し込みは、専用の申込書が必要になります。
下の写真(①②)を印刷し、両方に記入していただき、情報交流館へお送りください。
※この専用申請書は当館からメールやFAX等でお送りすることができます。
 ご希望の方は、お問い合わせください。


山の一日先生派遣事業 専用申込書①
20180704182045_00001

山の一日先生派遣事業 専用申込書②

20180704182045_00002

以下は、情報交流館で実施しているプログラム紹介です。
当館ではこのような体験ができます。

20170210133740_00001
20170210133740_00002
20170210133740_00003

木工-1


木工-2

自然体験-1
自然体験-2


20170210133740_00009
20170210133740_00010

~新作のキット紹介~

【6枚のスギちゃん】
6枚の杉板を使って自分で考えたり、親子で相談しながらオリジナルの作品が作れます。
同じキットでも毎回違うものが作れることが魅力です。
クギを打つためのした穴が空いていないので、キリを使い自分で空けてクギを打ちます。
PTA行事や親子行事で一緒にする場合や、高学年の工作にぴったりです。
是非お試しください!
6枚のスギちゃん