木工工作などをするとき、情報交流館でよく使う植物を1つ紹介します。
なんきんはぜ2
これは、ナンキンハゼという植物です。中国原産の植物で、タネからロウをとるために植えられていました。

近くで見るとこんな感じ。↓
なんきんはぜ3
ナンキンハゼ1
この植物のタネを情報交流館ではクラフトによく使います。写真ではまだ緑色をしていますが、秋になってだんだんと寒くなってくると、黒っぽい色になってパカッとわれます。そして出てくるのが、この白い実です。
なんきいんはぜ4

情報交流館のすぐ近くにもナンキンハゼの木があります。街路樹としても植えられているので、もしかしたら身近なところにも生えているかもしれません。ぜひ探してみて下さいね。