この時期になるとちらほらと聞く、「なんじゃもんじゃ」という木。
実は、情報交流館にも植えていて、今満開になっています。
敷地内に植えてある場所はいくつかありますが、一番近いところは情報交流館の裏手の竹のブランコ左手奥のところです。
遠くからでもわかるほど、白いお花が木いっぱいに咲いています。
A

正式には、「ヒトツバダコ」という木ですが、はえている場所が限られていて、なんという木なのかわからなくて「なんじゃもんじゃの木」と言われるようになったという説があります。

B
C

見てみたい方は、満開になるとすぐ散ってしまうので、ぜひお早目に!