5月も中旬に入り、春のポカポカ陽気からだんだんと日差しが強くなってきて、草丈もぐんぐん伸びて、夏がせまってきてるな~と感じる今日この頃。

今回は、カエデのプロペラの紹介です。
こちらの写真は、情報交流館のすぐ裏手にあるイロハカエデの木です。
先の方が、ちょっと赤くなっていますが、これは葉っぱではなく、タネの色なんです。
1

近付いてみるとこのような形をしています。
2
3
カエデのタネは最初は写真のように2つが一緒にくっついていて、
遠くへタネが運べるように羽もついています。

秋になるまでは木についていて、秋になると1つずつぽろっと取れて、羽でくるくる回転しながら落ちます。
このタネを見つけたら、1つずつにして手のひらにのせ、ふんわりと落としてみてください。
すると木から落ちるのと同じように、くるくると回転して落ちていくのが体験できます。

昨年はタネが完成する時期に台風が来てしまい、カエデのプロペラで遊ぶことができませんでした。
今年は秋にみんなが遊びに来たときに遊べるくらい残ってたらいいな~

カエデは、お家の庭にもよく植えられるので、よ~く探してみるとタネが見つかるかもしれませんよ。
見つけたら少しタネをもらってタネの不思議を体験してみてほしいです。