5月20日、本日は第17期 里山自然体験教室の第2回目でした。
今回のメインイベントは、「田植え」
今年も楽しくみんなでどろんこまみれ!
みんなが一生懸命植えたお米が秋に大きく育つことを祈っています。
1
3
11
2
どろんこまみれになったので、近くの川で全身を洗います。
一仕事終わった後の水遊びも気持ちがいいです!
4
次は、お芋を植えます。
植え方を教わって・・・
5
一つずつ丁寧に植えていきます。
6
午前中の活動を終えて、待ちに待ったお昼ご飯は、BBQ!
七輪で火をおこすところからやってみました。
自分で焼くとなんだかさらにおいしいお肉に変身したような??
美味しさ倍増で、もりもり食べました!
7
8

お腹もいっぱいになって落ち着いたところで、午後の活動。
午後は、竹トンボづくりを教わりました。
簡単な工作に見えて、実は奥が深い竹トンボ…
9
小さい形のなかにたくさんの知恵と工夫がつまった遊びでした。
10

今回植えたお米の収穫も里山自然体験教室の活動に含まれています。
植えただけでは、お米はたくさん取れません。
秋の収穫までの間、スタッフが水の管理をしたり、草引きをしてくれたりしてみんなのためにお米を守ってくれます。
この活動を通して自分たちが普段食べている食材が「どこからきて、どうやって作られているのか」そんなことも考えるきっかけになってくれたらうれしいです。