今年、新しく「一枚の板からつくる作品」に
「自然木を使った箱」と「コの字スツールに合う箱」を追加しました。

まずは、名前の通りの「コの字スツールに合う箱」について
イベントの参加者アンケートで、
「キットの6番 コの字スツールの下の空間に収納が欲しい!!」というご意見を頂いていました。
そこで、サイズが合うように設計した正に「コの字スツールに合う箱」を作りました。
この工作のポイントは、「ノコギリでまっすぐ切ること」です。
箱作りは、ノコギリを使って行う工作の基本をしっかり学べますよ。
RIMG2183
RIMG2184
RIMG2185


続いて、「自然木を使った箱」について
形がシンプルなので、ノコギリを使うことが初めての方におすすめです。
キットからのステップアップにいかがでしょうか?

この作品のポイントは、自然木の取っ手!
枝は、好きな形のものを好みの大きさに切って、取り付けます。
RIMG2180RIMG2181
RIMG2182

またこの木の枝は、この作品でしか扱えない!というわけではありません。
ボンド・キット・1枚の板から どの工作でも飾り付けに使うことができます。
例えば…
「引き出し付き本立て」の本立て部分の後方に1本枝を追加すると、本が後方に落ちなくなったり、マルチなBOXの後ろに数本加えると、S字フックなどがかけられるようになったり、本棚などの飾りに1本付け加えるだけでもまた違った印象になります。
予定時間より早く仕上がったら、自然木を追加するアレンジに挑戦してみても良いですね。



イベント当日の短い時間では、作品を完成させることで精一杯で、イベント中にはできないのですが、持ち帰った作品にペンキ等の塗料で色を塗ったり、金具を追加して機能性をアップさせたりと工夫してみることもオススメです。

作ったものをできるだけ長く、大切に使うことは、森林を守ることにつながっていきます。
まだイベント開催まで時間があるので、出来上がった作品のさらなるアレンジも考えてみてはいかがでしょうか?

イベントの定員の状況は、「イベント参加者募集中」ページに掲載しています。
お申込みがまだの方はお早めに!